オススメリンク

アーカイブ

デザイン

金のリング

婚約指輪は結婚指輪は、どういった違いがあるのでしょうか。婚約指輪は、結婚の約束として男性から女性に贈られる指輪です。
ドラマや映画によく登場するプロポーズのシーンで贈られる、あの指輪が婚約指輪です。
結婚指輪は、結婚式で新郎新婦が指輪の交換を行う儀式に使うものです。指輪の交換を行うことで、晴れて夫婦になることができます。
指輪の交換後は、外すこともなくずっとつけ続けることになります。そうすることで、結婚していることの意思表示にもなります。
結婚するには、婚約指輪と結婚指輪のペアリングの3つの指輪が必要です。しかし、予算面を考えて婚約指輪を諦めて結婚指輪だけを購入するカップルもいます。
でも、婚約指輪をもらうのは女性の大きな夢です。一生に一度しかない喜びの瞬間には、ぜひ婚約指輪を贈りましょう。

婚約指輪には、さまざまなデザインがあり、選択する楽しさがあります。
V字のリングは、その名の通りVの形をしたリングの中央にダイヤモンドを設置したリングです。
ストレートのリングは、アームが真っ直ぐなリングで、シンプルな作りの指輪です。S字ウェーブのリングは、アームラインがS字をしていて、Sの中央にダイヤモンドを取り付けたデザインです。
エタニティは、リングの全周に同じサイズのダイヤモンドを埋め込んだ指輪です。エタニティとは英語で永遠を意味します。リングの全体に埋め込まれたダイヤが永遠を表しています。

セッティング方法にも、さまざまなタイプがあります。立て爪のセッティングは、ソティリアともひとつ石とも呼ばれています。立て爪の中に一粒のダイヤモンドを埋め込むデザインです。
立て爪は6本のもと4本のものがあります。この形が一般的に婚約指輪のイメージとして浸透しています。
パヴェというセッティング方法は、リングのアーム全体に隙間なく小さなダイヤモンドを埋め込む方法です。パヴェとは、フランス語で石畳や敷石という意味を持っています。
敷石のように、リング全体に小さなダイヤを埋め込む方法で、光が当たると素晴らしい輝きを放ちます。
ベゼルセッティングは、爪で留めるのではなく、リングの中にダイヤを埋め込むようなセッティング方法です。ダイヤモンドを囲むようにしてリングをデザインします。
ベゼルセッティングは、爪のような出っ張りがないデザインなので、引っ掛かることもなく、いろんな作業がスムーズに行えます。
テンションセッテイングは、治金の圧力を利用した取り付け方法です。ダイヤモンドの両端2箇所を支えるようにリングを作ります。
ドイツのジュエリーブランドが発表したセッティング法で、その社名を取ってニーシリングリングとも呼ばれています。
その他のセッティング法に、彫り留め、伏せこみなどがあります。

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930